非常階段でナンパした外国人33歳♂とランチ

ツイッター
スポンサーリンク

Mr. Xue

やはり外国の方と話すのはとても良い刺激になります。周りの大半のサラリーマンと価値観が違うからです。

今日は社外の中国の方、 Mr.Xueに誘われ、ランチに行きました。

Mr.Xueとの出会いはオフィス内非常階段です。エレベーターを使わずに全て階段で移動している副産物とでも言いましょうか。

いつもの通り階段を上ってたら、同じく階段を上っている中国人っぽい方がいたので、反射的に後方から

「你是中国人吗?(あなたは中国人ですか?)」

いきなり話しかけ、友達になった方です。

中国大手国有企業の昼休みは1時間半

彼は中国の大手国有企業の東京支店に勤めています。昼休みは当然の如く1時間半です。日本企業で昼休みが1時間半というのは珍しいのではないでしょうか。中国では昼はしっかり休むようです。

そしてさすが中国。

余りにもゆるい社風なのか、2時間ぐらい勝手に昼休みを取る人が続出し、今では時間管理が厳しくなり、規定の昼休みの時間以外は外に出づらくなったのだとか。(むしろこれが日本ではスタンダード)

上下関係なし

ちなみに彼の勤め先の中国国有企業では上下関係などというものは一切なし。仕事は仕事、プライベートはプライベートと割り切る人ばかりで、社内の煩わしい付き合いというのはないらしいです。良いですね。

給与水準は悪くない

彼の勤め先の給与水準は私の年齢の場合で600万程度ということですから決して悪くはありません。

しかしもしそこに転職したとして、今の勤め先より給与水準が下がるのは明白です。結局何を優先し、何に重きをおくか、ということです。

基本的には何言ってもOK

それにしても中国人というのは建前もなく、結構何を言ってもOKな部分があります。言いたいことはある程度は言い放題なので、会社の同僚と話すのとは180度異なり、面白いです。

この自由度の大きさは留学中にも満喫しました。現地の人も明け透けにものを言うので、こちらも明け透けに言うわけです。肩肘張らない付き合いという感じです。

まとめ

決して今所属している共同体・コミュニティが全てなのではなく、色んな会社や文化があるということです。

毎日毎日同じ共同体に属しているとふと忘れがちになるかもしれませんが、外に目を向ければ色々な選択肢があります。

その選択で重要になってくるのは結局何に重きをおくのかということです。

それを改めて考えさせられる1日ではありました。

美女7人をナンパして日替わり相互学習により中国語を習得した経緯はこちら。

【最強語学習得法】北京大学に留学して1年以内に中国語がネイティブレベルに到達した秘訣は、可愛い子を7人ナンパして日替わりで相互学習し、道端のあらゆる人に話しかけること【ハーレム語学学習法】
1年以内でネイティブに間違われる程のレベルに到達できる最も効率的な語学習得法 この記事で記載の通り、中国語を習得した経緯について書きた...

余談ですが、「非常階段 ナンパ 」で検索すると思いっきりエロサイトに挟まれてました。。笑

Best wishes to everyone!

Sponsored Link
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする