【田中貴金属】私が純金積立を解約した3つの理由

ツイッター
スポンサーリンク

純金積立やめました。

先程、田中貴金属「G&Pプランナーnet純金積立」を解約しました。

解約に至った3つの理由は以下の通り。

  1. 手数料が高い
  2. 利息・配当を生まない
  3. スプレッド(購入価格と買取価格の差)がある

1つずつ見ていきましょう。

解約理由①手数料が高い

田中貴金属の純金積立手数料は下表の通り。

高い。

日本の投資信託の売買手数料の高さに言及していましたが、その料率に匹敵する高さです。

ただ、”国の信用を源泉とする貨幣”と”希少性ゆえにその物自体に価値のある純金”という

この両者は根本的に性質が異なるので、現物自体に価値ある純金の取得コストとしてこの手数料率を高いと見るか低いと見るかは、個人の見方次第です。

解約理由②利息・配当を生まない

私は現時点で純金を132.3335g保有しており、時価としては60万円程度です。

しかし純金は株式や債券と違い、利息・配当を生みません。

一方で、純金を売却して60万円をPFFに投入すれば、税引後で毎月2,000円を超える配当が発生します。

逆に、純金積立を行うと毎月1万円の積立に対し250円の手数料を取られます。

利息を生まない上に2.5%手数料を取られる vs 利息を生む という比較と捉えることも出来ます。

元々インフレヘッジ目的、あるいは既存貨幣を余り信用できないがゆえの保険的な意味合いとして純金を積み立てていたのですが、キャッシュに換えておき、機動的に株式への集中度合いを高めて資金効率を以前よりアグレッシブに求めようという判断です。

解約理由③スプレッド(購入価格と買取価格の差)がある

下表は純金の購入価格と買取価格。

購入価格4,902円 : 買取価格4,816円

よって、1.7%程度のスプレッドが存在します。

ちなみにFXのドル円はスプレッドは0.03%。(100円に対して3銭とする)

FXのスプレッドの50倍以上の高さということです。

2012年12月から毎月1~2万円の積立を行ってきた結果、

63万円を拠出、その購入手数料が15,750円なので、合計645,750円を積立金として拠出しました。

しかし、純金保有量132.3335gに、直近の買取価格4,816円/gを乗じると637,318円となり8,432円の損失となります。

つまり、本来は利益が出ていたが、購入手数料とスプレッド分で損失が発生したわけです。

まとめ

純金積立解約に至った理由は以下3点

  1. 購入手数料が高い
  2. 利息・配当を生まない
  3. スプレッド(購入価格と買取価格の差)がある

利息・配当を生まないし手数料も高めということが決定打でした。

売却で得た資金は、T / CSCO / VYMのどれかに回そうかと思います。

Twitter
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link

コメント

  1. 大和 より:

    金投資なら上場投信(ETF)を活用するという方法も今ならありますね。
    信託報酬がかかる点が難点ではありますが。

    特定口座やNISA口座を使えるため株式債券と損益を通算できるor非課税に出来る、
    株式扱いなので手数料が無料無いし格安(松井証券のように10万円以下非課税の証券会社も有る他、NISAであれば無料のところが多い)、市場で売買されるためスプレッドが存在しない、と純金積立の欠点を多く補っています。

    • TON より:

      確かに金投資ならETFがありましたね、ご教示頂きありがとうございます。
      ただおっしゃる通り、信託報酬が難点ですね。0.1%以下でないと、結局VYMやHDV、VTIに目移りしそうな気もします・・。

      スプレッドや手数料がほぼ存在しなければ魅力ですね。
      資産とインカムゲインがある程度築けて金投資を再開することがあれば、金ETFも検討したいと思います。