20代の新婚夫婦が築80年の古民家で月収3万円で電気・ガス・水道なしで究極の自給自足

ツイッター

スポンサーリンク

素晴らしき、モノに縛られない自然と共にあるスローライフ

テレビ朝日で銭金という番組が放映されていました。

そのビンボーさんSPで紹介されていた素晴らしきスローライフを送っている新婚夫婦が紹介されていたので、下記の通り箇条書きにて紹介させて頂きたいと思います。

・カンボジアでのNPOツアーで出会った新婚20代夫婦が自給自足(夫は東大卒)

・カンボジアでモノは豊かでなくても笑顔が豊かな支援している子供たちの生活が良いなと思い、今の生活へ

・南伊豆町で築86年の古民家、家賃0円

・結婚式は古民家で挙げた

・近所のゲストハウスや畑仕事等の手伝いで夫婦合わせて月収3万円

・囲炉裏で食事を作る

・ソーラーパネルで携帯電話と家の明かりの充電

・冷蔵庫はなく、家の中で普通に自然保存

・テレビもないので、ピコ太郎を知らず

・夫が勉強して日々古民家を改修

・あけびや菜の花を食べる

・ツバキの花の天ぷらを食べる

上記事項はいちいち共感します。

私の目指すべき道の究極系かもしれません。

テレビは別にいらないと思いますし、ピコ太郎を知っている必要も一切ありません

自分自身で家を改修するのは理想的ですし、自然保存で問題さえなければ冷蔵庫だって不要です。

私の彼女も将来古民家や木の香りがするログハウスに住みたいというところで一致しており、このような生活を送るのはとても有力な案です。

今年、親が北海道に土地を購入してログハウスを自ら設計図を書いて建てる予定です。

勉強します。

Sponsored Link
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする