【節約旅行】箱根湯本から大涌谷・仙石原まで20キロ3時間競歩で交通費1,000円カット!

ツイッター
スポンサーリンク

福利厚生フル活用

今回は箱根湯本までまず電車、そこから徒歩で宿泊先へ、という流れです。

まずは東京から始発で箱根湯本へ

乗る電車は、言うまでもなく高いJRではなく、小田急です。

本当は電車は小田原までにして、小田原から徒歩で宿泊先まで行きたいところでしたが、徒歩所要時間が約6時間だったので、さすがに断念。

7時台に箱根湯本駅に到着、そこからひたすら徒歩です↓

肺に大量の排気ガスを充満させながらひたすらこのような車道わきを登ります。

学生時代はママチャリで東京から箱根を越えて三島に行き、そこから伊豆半島を一周してから東京に戻ったことがあり懐かしかったです。

ちょうどその時チャリで通った道をズンズン徒歩で進みました。

大涌谷で見た不思議な光景

空に小さいロープウェイが見えます。

そしてここからが衝撃でした。

大涌谷の駐車場の混雑により、車が長蛇の列をなしていました。

GWに大涌谷とかどう考えても混むのは火を見るより明らかだと思うんですが、、みんなおんなじこと考えておんなじ方法でおんなじことするんですかね〜。

2キロに渡って渋滞が起きており、全然進んでませんでした。

そんな車たちを尻目に、俄然力強い足取りで車たちをごぼう抜きしていた際、不思議な光景が目に入って来ました。

物理的に車たちを抜かすことができるバイク勢が律儀に車たちと一緒に並んで、礼儀良く前の車が進むのを待ってるんです。

バイクが渋滞している車たちをごぼう抜きしていたのはごく一部でした。

実に不思議な光景です。

良く言えば礼儀正しいですが、悪く言えば、、、(割愛)

一事が万事。

この国の特徴の一端を垣間見たような気がしました。

箱根旅行にかかった出費

交通費2,600円

一泊二食付き5,600円(お酒代含む)

合計7,800円

合計6時間の競歩で交通費2,000カットというのは、数字上は非効率ですが、道中必ず車では得難い体験があるので、それで良いのです。

下りはキックボードを持参すればかなり快適にはなりそうなので、要検討。

コスト面に関してあと減らせる余地があるのは、交通費です。

しかしもうこれ以上交通費を減らすとなると小田原から6時間かけて歩くしかなくなります!

あとは小田急電鉄(9907)の株主となり、株主優待で大幅に交通費カット可能ですが、優待利回り低すぎて投資効率✖️。

もはや一泊二食付きを辞めてクオカードのコンビニ飯で無料にも出来ますがさすがにそれは本末転倒なので勿論ナシ。

節約旅行としては、このくらいが良い塩梅です。

Twitter
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link