【IBM】予想下回る決算も、7%増配で22年連続増配へ!

ツイッター

弱い決算でもさすが米国株

IBMは既存ビジネスの衰退具合がワトソン等の新規ビジネスの発展具合を上回った形の決算が発表されたようです。

弱い決算を受け、株価は170ドルから10ドル近く急落して160円台を推移しています。

しっかり増配発表

それでもしっかり増配するのは、さすが米国株といったところでしょうか。

International Business Machines (NYSE:IBM) declares $1.50/share quarterly dividend,

7.1% increase from prior dividend of $1.40.
Forward yield 3.7%
Payable June 10; for shareholders of record May 10; ex-div May 8.

連続増配年数

21→22

一株あたりの配当

5.6→6.0

ちなみに、以下はIBMからの22年増配に際しての言葉。

Ginni Rometty, IBM chairman, president and chief executive officer said, “Years of investments have made IBM the world’s leader in enterprise cloud and cognitive computing. Our strong profit and cash flow performance allows us to make the investments required to drive our transformation and to return capital to shareholders.”

ドヤ感満載で自信に満ち溢れてますね。

尚、同社株式は決算急落後に100株まで買い増ししています。

これからも株主重視の配当政策に期待してズボズボ買い増したいと思います。

次の買い増し候補はJNJ、XOM、豪州REIT、CSCO、GSKあたりです。

尚、IBMのEPS・配当推移はこちら。

【IBM】 EPS推移・配当推移をグラフ化してみました&四半期配当を受け取りました。
IBMから四半期配当を受け取りました 1株あたりの配当 :1.4ドル 所有株数    :18株 直近配当利回り :3.19% ...
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする