上場インデックスファンド豪州リートから分配金です

ツイッター

オーストラリアへの不動産投資

上場インデックスファンド豪州リートから分配金です。

私は現時点で660口を保有しており、今回の分配金は1口あたり9円30銭です。

20.315%(所得税+復興特別所得税15.315%、住民税5%)の源泉徴収後で、

4,892円の分配金を受け取りました。

当該ETFは奇数月に分配金が発生する、隔月型になります。

好調な分配金推移

当該ETFの分配金推移を見てみましょう。

下表の通り、基準価額も分配金も堅調な推移を見せています。

(後日、ちゃんと見やすい表にします。)

1口あたり基準価額 1口あたり分配金額
2016/11/10 1,425円47銭 9円30銭
2016/9/10 1,537円85銭 9円10銭
2016/7/10 1,541円34銭 9円20銭
2016/5/10 1,539円67銭 9円10銭
2016/3/10 1,550円59銭 9円30銭
2016/1/10 1,421円73銭 9円00銭
2015/11/10 1,48円69銭 9円30銭
2015/9/10 1,430円61銭 9円20銭
2015/7/10 1,542円35銭 9円00銭
2015/5/10 1,601円72銭 8円30銭
2015/3/10 1,627円25銭 7円60銭
2015/1/10 1,616円78銭 7円60銭
2014/11/10 1,549円06銭 7円60銭
2014/9/10 1,520円87銭 7円60銭
2014/7/10 1,400円63銭 7円70銭
2014/5/10 1,355円20銭 7円80銭
2014/3/10 1,297円83銭 7円80銭
2014/1/10 1,262円04銭 7円80銭
2013/11/10 1,295円98銭 7円80銭
2013/9/10 1,248円87銭 7円90銭
2013/7/10 1,298円08銭 7円70銭
2013/5/10 1,516円49銭 7円70銭
2013/3/10 1,368円11銭 7円80銭 2013/1/10 1,208円34銭 7円90銭
2012/11/10 1,069円02銭 8円00銭
2012/9/10 1,032円79銭 8円00銭
2012/7/10 949円00銭 8円20銭
2012/5/10 944円74銭 8円00銭
2012/3/10 950円39銭 8円00銭
2012/1/10 854円39銭 8円00銭
2011/11/10 854円85銭 8円00銭
2011/9/10 862円49銭 8円00銭

ちなみに分配金はあくまで分配金であり、悪質な投資信託は純資産を取り崩してまで分配金を高く見せるものもあります。

あまり金融や投資について興味のない方はカモにされやすいので注意が必要です。

分配利回りだけでなく、基準価額の推移や信託報酬率が高くないか、売買手数料も必ずチェックしましょう。

この投資信託についてのトピックは後日改めて詳述します。

なかなか魅力的なETF

オーストラリアは先進国の中では相対的に財政状況は良好、資源市況や中国経済に左右されるものの、依然BHPやRio Tintoなどの寡占状態の資源メジャーも擁し、経済的には比較的安定しているのめはないでしょうか。

現状、オーストラリアの不動産セクターへの投資手法としては、このETFぐらいしか有力なものはないという認識ですので、直接投資をする以外には当該ETFを購入している投資家が多いのではないかと思います。

直近1年間の分配金基準ですと、利回りは3.6%程度、豪州REITということを踏まえますと少し物足りない水準に見えますが、基準価額が堅調ですので過度に分配利回りを気にする必要はないかもしれません。

ちなみに、トランプ氏当選直後は当該ETF含め、REITは全体的に下落したので良い押し目になっていました。

現在は円安も進んでおり、基準価額も上昇傾向にあるので、利回りが4%程度になれば買い増しを検討しても良いのではないでしょうか。

Sponsored Link
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク