仕方なく働く、そんな人生でいいの?

ツイッター
割り切って仕方なく働く、そんな人生でいいの?

今日は会社の先輩たちと飲んでました。

そこでわかったことがあります。

それは、「大多数の人が周りの目を気にしながら不条理を感じつつも割り切って会社で仕方なく働いている」ということです。

当然と言えば当然かもしれません。

日々の生活の糧、子供を養うため、自分や妻の食い扶持を稼ぐため、働かざるを得ないわけです。

でも私にはそれが魅力的な生き方だとはどうしても思えませんでした。

自分の人生で10年後にそのような先輩になりたいかと問われれば、間違いなくNOです。

 

そんな諦観を持った人になりたくはありません。いくらそれが甘いと言われようが、一度きりの人生なのでそんなことを甘受したくありません。

「メンタル強いからそこまで組織の中で自分を貫き通せるんだよ」と同期は言いますが、強いわけではありません。

ある程度会社に依存しない経済的な基盤があれば強く出ることができるだけだと思います。

辞めろと言われたらどうするの?

では会社のことを客観的に評すると、課長にこう言われます。

「じゃあ辞めるしかないんじゃないか?」

そう言う課長は「俺だって辞めたいけど妻と子供を養うため、もうこの年齢になると身動き取れない」とこぼしていました。

「辞めるしかない」、これは極論ですが、ある意味正しいです。環境に文句言うなら辞めればいい、ということですね。

それも一つの方策でしょう。

では、「じゃあ辞めればいいんじゃないか?」と言われた時に答えに窮していてはダメだと思います。

「あ、別に自分は経済的基盤があって、辞めようと思えばいつでもやめられるけど〜〜という理由があるため、会社員を続けてます」

と実際には言わないにしても、仮にでもそう言える、明確な目的を持った経済的基盤を自分で醸成しておくことが重要ではないでしょうか。

それが大企業という考え方の古い不条理で不可思議なシステムの中で生きていく術です。

その為には、経済的に会社に頼っているようではダメです。

せっかくこの世に、独自の、唯一の、ほかに類をみない生を受けたわけです。

自分自身の、自分独自の生き方をしないでどうするんでしょうか。

日本社会のシステムに沿って生きるんでしょうか。

主体的に自分で人生の岐路で取捨選択をし、自ら道を切り開くべきです。

それが会社で出来るのであれば、それはそれでまた別の話となります。

せめて今後3年間の目標を持つ

皆さんが、「今後3年間の目標はなんですか?」

と問われれば、明確な答えがありますか。

目標も持たずに生きていると、死ぬ時になって後悔すると思います。

私は目標があってしかるべきだと思います。その明確な答えがないと、周りに流されて漫然と生きることになってしまいます。

みなさんは明確な目標がありますか?

ささいなことでも目標になります。

その目標を達成するために何をするべきか考え、それを愚直にコツコツと実行していくのです。

一歩一歩小さなことを積み重ねることが、とんでもないところに行くためのただ一つの道。

Twitter
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

Sponsored Link
スポンサーリンク